弁護士 味村祐作の公式ブログ

バンジャルマシンとパランカラヤ

以下は、2015年12月24日のブログ記事の移管です。

カリマンタン島(ボルネオ島) 

期末試験後、カリマンタン島のバンジャルマシン(Banjarmasin)とパランカラヤ(Palangkaraya)に旅行に行っておりました。

ジャカルタからバンジャルマシンまでは、飛行機で2時間ほどです。

到着後、ホテルでガイドを紹介してもらい、パランカラヤの北部にあるカジャ島(Pulau Kaja)にオランウータンを見に行くことにしました。

このエリアには、日本語通訳のガイドがいないため、日本人観光客はほとんどいないようです。

バンジャルマシンからパランカラヤまでは、車で4時間ほどかかるので、朝3時に出発です。

また、両都市間で1時間の時差があり、どのタイミングで時計を調整するか考えものでした。陸路移動で時差を経験したのは初めてです。

そして、下の船で、ジャングルリバークルーズに出かけました。

運よく、野生のオランウータンと遭遇。

川で体を洗っているオランウータンもいました。

オランウータンとは、インドネシア語(マレー語)で、Orang(人) hutan(森)と書き、直訳すると「森の人」という意味になります。

似たような発音の言葉で、Orang utangがありますが、これだと「借金している人」という意味なってしまいます。難しいですね。

バンジャルマシンからパランカラヤへの移動途中で、スバンガウ(Sebangau)国立公園の端を通りました。この辺り一帯は、湿地帯で熱帯魚のべモが生息しているとのことです。今でも新種の生物が発見されるとか。

場所によっては、見晴らしがいいです。

が、これは焼き畑によるものです。

乾季にはよく火事になり、さらにマングローブの根の下で火が広がっていて、危険なエリアだそうです。

バンジャルマシンに戻ってからは、フローティングマーケットに。

夜明けから朝9時頃までやっています。

これも、朝が早く5時にホテルを出発しました。

本当にインドネシアは朝が早いですね。

夕方、運河を見に行きました。

このエリアでは、運河沿いに家を建てており、運河の水で炊事洗濯入浴をしていました。ただ、その水は決して綺麗ではなく、泥水に近く、排泄物も、そのまま運河に流す状態なので、衛生状態は良くありません。

ただ、住人は、とてもニコやかで我々がいくと、皆、手を振ってくれたり、声をかけてくれました。

このエリアにまで上下水道が整備されるには、あとどのくらいかかるのでしょうか。

そう思って、帰路につきました。

弁護士 味村祐作

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

法務相談・お問い合わせはこちら


あみた綜合法律事務所

弁護士 味村 祐作

03-3254-0461

専用フォームはこちら

インドネシア提携先


Luhut Marihot Parulian Pangaribuan (LMPP) Advocates and Counsellors at law

https://lmpp-law.com/

Asshiddiqie, Pangaribuan & Partners (APP)

http://applawfirm.net/Site/our-lawyers/

業務提携


さやか行政書士事務所

https://sayaka-office.com/

最近の記事

  1. EMS事情

    2020.09.5

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP