新着情報

日本語学校問題に関するインタビュー(Diwawancara tentang Masalah Sekolah Bahasa Jepang)

Diwawancara oleh Kompas tentang Masalah Sekolah Bahasa Jepang pada 9 Mei, 2019 (Kamis).

Sekolah Bahasa Jepang Secara Berencana Menipu Lebih Dari 10 Pelajar Indonesia

2019年5月9日、日本語学校の問題について、インドネシアの新聞社コンパスよりインタビューを受けました。

留学生は、資格外活動許可(アルバイトの許可)を受けて、週28時間以内(長期休業期間については1日8時間以内)の労働が認められますが、その場合の月収は8~11万円程度にしかなりません。したがって、学費と生活費のすべてを日本での労働で賄うことは出来ません。

それにも関わらず、日本で働きながら日本語を学べると言われて、労働時間規制や賃金、学費、アパート代について詳しく説明を受けないまま日本語学校に留学する外国人留学生は後を絶たちません。

本記事のアリ(仮名)さんは、インドネシアで約40万円を銀行借り入れ、また祖母の土地を売ったお金(約25万円)などで、初期費用を工面して日本語学校に留学してきました。アリさんは、最初に約80万円支払い、6カ月分の家賃・学費に充てられるとインドネシアで聞いていましたが、日本に来た後で3か月分にしか過ぎないと聞かされました。

そして、毎月、学費6万円とアパート代3万円で合計9万円の支払いを余儀なくされています。また、インドネシアでの銀行借入れを返済するため、毎月2万円ほどを送金しなければならないとのことです(返済期間は3年間)。

アリさんのアルバイトでの収入は、月10万円ほどですので、赤字です。

ルームシェアをしている知人に食料を分けてもらったり、毎日卵を食べて生きているとのことです。

このような状態では、まともに日本語を学習できないばかりか、週28時間を超えて違法就労せざるを得ない状況に追い込まれているといえます。現に、アリさんの知人で、仕方なく週28時間を超えて働いている留学生もいるとのことです。

この問題は、日本語学校とインドネシアの送出機関(LPK)が、通謀して、インドネシア人留学生に、虚偽の事実を告げ、また重要な事実を故意に告げずに、日本語学校に勧誘して、留学させた結果生じていると言わざるを得ません。

 

日本の法務省出入国在留管理庁も、この問題について、ウェブサイトで以下の通り注意喚起しています。

『留学斡旋業者の中には,「日本に行けばアルバイトで月に30万円以上稼ぐことができ,学費・生活費の全額をアルバイトで賄えるため,本国からの送金は不要であり,逆に本国に送金もできる。」などと,事実と異なる情報を流す悪質な業者も存在します。そのような情報を信じて仲介手数料を支払うことにより,入国当初から借金をして来日した留学生の中には,借金返済のために制限時間を超えるなど法律を犯してアルバイトをすることにより,勉学が疎かとなり,日本語も修得できないまま,帰国を余儀なくされる者もいます。そのような事態に陥らないためにも,第三者の甘言・虚言を安易に信じるのではなく,自ら日本の法律及び実態を正確に把握し,留学計画を立てる必要があります。』

 

弁護士 味村祐作

法務相談・お問い合わせはこちら


あみた綜合法律事務所

弁護士 味村 祐作

03-3254-0461

専用フォームはこちら

インドネシア提携先


Luhut Marihot Parulian Pangaribuan (LMPP) Advocates and Counsellors at law

https://lmpp-law.com/

Asshiddiqie, Pangaribuan & Partners (APP)

http://applawfirm.net/Site/our-lawyers/

業務提携


さやか行政書士事務所

https://sayaka-office.com/

最近の記事

  1. EMS事情

    2020.09.5

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP