弁護士 味村祐作の公式ブログ

2016年1月のジャカルタでのテロ

思い返せば、留学中の2016年1月にジャカルタでテロがありましたね。

その後の2016年9月~2018年8月に在インドネシア日本国大使館で勤務しておりました。ISの攻撃対象と公言されていましたが、幸いテロ等には巻き込まれず、安全に過ごせてよかったです。もっとも、インドネシアでは、火山や地震、津波など大きな災害のあった期間ではありました。

以下は、2016年1月14日のブログ記事の移管です。

ジャカルタ 自爆テロ (Suicide Bombing in Jakarta)

今朝、ジャカルタ市内のサリナ・デパート付近で自爆テロがありました。

There were some suicide terrorist bombings around Sarinah Shopping Center in Jakarta this morning.

私は、爆発の1時間後に、デポック(ジャカルタの隣町)で、このニュースを知りましたが、事件の場所が前日に夕食を食べた場所に近かったこともあり、非常に驚きました。

I became to know this news in one hour after the explosion in Depok (Neighboring City of Jakarta), and I was so surprised because the bombing area was near the place I had a dinner yesterday.

TVや知人などから情報を集めていると、警察が犯行グループと銃撃戦を行っている最中であることを知りました。

While I was collecting information from TV, friends etc, I became to know that the police was doing the gun battle against the perpetrators at that time.

現在は、警察が現場を制圧しておりますが、他に仲間がいる可能性は否定できません。また、今回のテロが、ISによるとの見方がありますが、まだ断定はできないようです。

Although the police already has subdued them, we cannot deny the possibility that there are their comrades. In addition, it is said that this terrorism was taken place by  IS Group, however, we cannot conclude it.

いずれにせよ、今後も、警戒する必要があります。

Anyway, we have to beware after this.

このような場合「どのように気を付ければいいのか分からない。」との声をよく耳にしますが、少なくとも、現場近くにいる場合には速やかに立ち去り、屋内の安全な場所に身を寄せる、また、事件後、興味本位で現場に近づかないことが必要と考えます。

In such case, I often hear people say  “I do not know how to pay attention”. I believe that at least we should leave there and enter into safety building when we are near the bombing place, and we should not come near the place out of curiosity.

今日も、この事件を知った日本人留学生が、興味本位で犯行現場を見に行こうとしたので、止めた経緯があります。

Some Japanese exchange students were willing to go to the bombing place out of mere curiosity, so I advised them not to visit there.

なお、犯行後にジャカルタ市内のショッピングモールにいる知人と連絡をとったところ、目立った混乱はなく、平常通りの雰囲気とのことでした。

According to my friends who were in Shopping Mall in Jakarta after the explosion, there were no disorder and people lived as usual.

最近は、日系企業によるジャカルタ勤務の危険評価が、以前に比べて低くなったと聞いておりますが、昨年の邦人殺害事件や今回のテロを受けて、見直しが必要になるかもしれません。

I heard that the risk assessments of Japanese companies regarding living in Jakarta became lower than before, however, it might be required to revise them through the murder case of Japanese last year and this terrorism.

弁護士味村祐作(Yusaku Mimura, Attorney at Law)

続けて、以下は、2016年1月22日のブログ記事の移管です。

ISISとテロの関係 (The relationship between ISIS and the terrorism)

ジャカルタでテロがあった後、興味深い現地の声を聴いたので、紹介したいと思います。なお、報道されるところによると、2016年1月14日のテロは、ISISメンバーにより行われたとのことです。
After the terrorism in Jakarta, I got the interesting local voice. Thus, I would like to introduce it to you. According to the news, the terrorism was done by the ISIS members on 14 January, 2016.

このテロに関して、大多数の日本人は、なぜISISが世界最大のイスラム教徒を抱えるインドネシアを攻撃したのか理解し難いのではないかと思います。
I guess that most of Japanese cannot understand why ISIS attacked Indonesia which is the largest Moslem population country.

実際、この悲劇による犠牲者の大多数はムスリムでした。
In fact, most of the victims in this tragedy were Moslem.

多くの日本人がこのような疑問を抱く理由は、我々が、ISISをムスリムのために戦う集団であり、アメリカ等を嫌悪していると考えている点にあると思います。私も、以前はISISをこのように誤解していました。
This is because a lot of Japanese people think that ISIS is a Moslem Group which fights for Moslem and hates USA etc., as I thought so before.

しかしながら、このような理解は正しくありません。多くの日本人は、ISISを誤解しているように思います。
However, I believe this is not true. I guess many Japanese misunderstand ISIS.

ムスリムの大部分は、ISISは犯罪集団であって、ムスリムの利益を追及する集団ではないと言っています。
Most of Moslem say that ISIS is a criminal group, not a Moslem Group pursuing the interest of Moslem.

ご存じのとおり、彼らの行為は、他諸国のみならずインドネシアにおいても、法的に正当化されるものではありません。
As you know, their act is not legalized in Indonesia as well as the other countries.

インドネシアやトルコといったイスラム教徒の多い国々を攻撃したことを考慮すれば、ISISがムスリムのために戦っているわけではないことは明らかです。
In addition, it is clear that ISIS has not fought for Moslem, considering it attacked Islamic countries such as Indonesia and Turkey.

また、イスラム教はテロ行為を認めておらず、ISISがイスラム教の教義に基づいて行動していないことも明らかです。
Moreover, Islam does not recognize the act of terrorism, and it is also obvious that ISIS has not acted based on the Islamic doctrine.

興味深いことに、インドネシア人の中には、ISISが米国のためにインドネシアでテロを起こしたと考える人たちがいて、彼らは、米国が裏でISISを援助していると考えています。
Interestingly, some of Indonesian give their opinion that ISIS committed the terrorism for USA in Indonesia, and they consider that USA assists ISIS behind the scenes.

なお、ここで強調しておきたいこととして、インドネシアはあらゆる面で多様性のある国であって、今回のテロに関しても様々な世論が存在するということです。以下は、あくまでも数ある世論のうちの一つに過ぎません。
I would like to emphasize that there are many other opinions regarding the terrorism in Indonesia because Indonesia has a diversity in every aspect. The below is just one of the public opinion.

世論の一つに、ISISが「フリーポート・インドネシア」のために、ジャカルタを攻撃したというものがあります。フリーポート・インドネシアとは、インドネシアのパプアにあるグラスベルグ鉱山で銅、金、銀を採掘している会社です。
There is an opinion that ISIS attacked the Jakarta for “PT. Freeport Indonesia”, which is mining copper, gold and silver in the Grasberg mine located in Papua province, Indonesia.

この鉱山は、銅及び金の埋蔵量について世界最大とされており、この鉱山事業は莫大なマネーを生み出すものとなっています。
This mine is one of the single largest copper and gold in the world, and contains copper reserves that can be taken of the largest in the world, besides single largest gold reserves in the world. In short, this mining business produces big money.

現在、フリーポート・インドネシアは、米国企業「フリーポート・マクモラン」にその90.64%の権益を保有されており、インドネシア政府は残り9.36%を保有している状態です。
At present, “PT. Freeport Indonesia” is mostly owned by USA Company, “Freeport-McMoRan Inc.” (hereinafter called as “USA Company”) which owns 90.64% of PT. Freeport Indonesia, and the Government of Indonesia owns the remaining 9.36%.

しかし、インドネシアにおいて、操業権を延長する際に、フリーポート・マクモラン保有のフリーポート・インドネシアの権益を強制買収する計画があり、最終的には米国企業が70%に保有比率を下げ、インドネシア政府が30%を保有する状態になります。
However, there is a divestment plan in Indonesia as part of the process to extend its right to operate. Eventually, USA Company is going to reduce its share to 70% and Indonesian Government can own 30% of “PT. Freeport Indonesia”.

そして、当該権益のうち10.64%について、米国企業からインドネシア政府に対して強制処分価格を提示する締切日が、テロのあった日と同日、すなわち2016年1月14日となっていました。なお、残り10%の権益については、2019年末に強制処分されることとなっています。
Moreover, the deadline of the divestment price offer regarding 10.64 % stake from USA Company to the Government was the same date of the terrorist attack, or 14th January, 2016. A further 10 % must be divested to the government by the end of 2019.

そして、インドネシア人の中には、米国がISISに資金提供するなどの支援を行っていると考えている者もいます。
In addition, some Indonesian people doubt if USA supports ISIS by providing money and so on.

このような状況であることから、ある程度のインドネシア人は、ISISが、インドネシアを混乱させ、政府の関心をフリーポート問題ではなく、テロに集める目的で、テロを引き起こしたと考えています。米国から支援を受けているISISが、米国企業の利益を追求する目的で、ジャカルタを攻撃したという考えです。
Under these circumstances, some of Indonesian believe that ISIS brought about the terrorism in order to cause confusion in Indonesia and make the Government pay attention to the terrorism, instead of the Freeport Matter. They say that ISIS, which is supported by USA, attacked Jakarta in order to pursue the interest of USA Company.

もちろん、上記は、インドネシアにおける世論の一つに過ぎませんし、その真偽は定かではありません。
Of course, the above story is one of the public opinion in Indonesia, and I am not sure it is true or not.

ただ、私としては、ISISがムスリム(イスラム)集団ではないということを伝えたく、また、それ故に我々がイスラム自体を恐れる必要はないということは言っておきたいと思います。
However, I would say that ISIS is not Moslem Group, and therefore we do not have to be in fear of Islam itself.

P.S. インドネシア人はどうもテロを恐れていないようです。インドネシア人の友人によれば、銃声や爆発音が聞こえた時、インドネシア人はその現場に走っていく傾向があるとのことです。今回の事件においても、多くの人々が、警察官がテロリストと銃撃戦を行っている中で、その様子を見るために現場に近づいていました。また、食べ物の屋台は、事件直後も通常通り営業を続けていました。

P.S. It seems that Indonesian do not fear the terrorism. According to Indonesian friends, they are inclined to dash to the scene of the accident when they hear the sound of gun and/or bomb in order to watch them. Even in this case, many people came close to the place to watch the scene during the gunfight of police men against terrorists, and street stalls providing food continued their business as usual immediately after the tragedy.

弁護士 味村祐作 (Yusaku Mimura, Attorney at Law)

Cooperated by Angga Priancha

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

法務相談・お問い合わせはこちら


あみた綜合法律事務所

弁護士 味村 祐作

03-3254-0461

専用フォームはこちら

インドネシア提携先


Luhut Marihot Parulian Pangaribuan (LMPP) Advocates and Counsellors at law

https://lmpp-law.com/

Asshiddiqie, Pangaribuan & Partners (APP)

http://applawfirm.net/Site/our-lawyers/

業務提携


さやか行政書士事務所

https://sayaka-office.com/

最近の記事

  1. EMS事情

    2020.09.5

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP